何かあればlegrand-alice♪infoseek.jpに(♪→@)。質問(ネタ振り)も募集。ブログのネタに。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

当分は火曜日固定で更新しまっす(`・ω・´)

2014-05-27 Tue 23:55
はい、どうも前潟です。今日も愉快にえきすぱーとになりました。有葉!有葉!

暫くブログは固定曜日更新したいと思ってます。できるのかって疑問はありますが。

という事でタイトル通り、火曜日更新で行きたいと思いますので、読んでくださってる方はよろしくお願いします。

昔みたいにいつも更新してある、とできればいいんですがね。そうも行かず。

まぁ今はラジオ感覚でやっておりますし、そういう意味でもウィークリーというのは理にかなってるかもしれません。

なるべく更新します。長さや内容ははきっとまちまちです(笑)

なお火曜日というのは、前潟が寝るまでが火曜日と思ってください( ̄ー ̄)


まぁそんな感じで、今日もパーソナリティを召喚して始めます\(^o^)/



「はい、やってきましたよアリスさん。」



mascode_icon_1.jpg
「今回は早かったわね。」



「お、おう。男の尊厳が傷つきそうなセリフだな。」



mascode_icon_2.jpg
「しかも、あんまり上手くない(^-^)」



「やめて。貴方のキャラも崩壊するから。」



「ところで今週は、ゲストがいる。」



mascode_icon_3.jpg
「えっ。前回見たいのはやめてほしいんだけど。」



「いや、あれゲストじゃないし。アリスの神様だし。」



mascode_icon_1.jpg
「えっ。」



「えっ。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・・・・。」



「・・・・・・。」



mascode_icon_2.jpg
「・・・にゃんにゃん☆」




「暫く見ない間にキャラ崩壊著しいっスね、アリスさん。」





mascode_icon_1.jpg
「で、そのゲストというのはどなたなのかしら?」



「過去を振り返らないアリスさん。まぁいいや。ゲスト呼びますわ。」



「今日のゲスト、6人の賢者です。」



mascode_icon_3.jpg
「嫌な予感しかしないゲストね。」



「1人はクマだ。」



mascode_icon_3.jpg
「それ、人じゃないわよね?」



「シックス・フィロソフィアって呼んでねって。」



mascode_icon_3.jpg
「厨二ね…。」



「では、どうぞ。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・・・・。」



「・・・・・・。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・ゲストは?」



「・・・あれ?ちょっと待ってね。」



「・・・・・・。」



「ゴメン、賢者タイムだからちょっと待ってって。」




mascode_icon_3.jpg
「復帰してから下ネタ多くない??」



「違う、元に戻っただけだ。ブログ呼んでますサインをくださる方が圧倒的に女性が多かったんで鳴りをひそめたが、元々こんな感じだった。」



mascode_icon_3.jpg
「どうしよう。すごく故郷に帰りたい。」



「まぁ原点回帰ってことで気にするな。」



mascode_icon_3.jpg
「ホントに嫌…リアルに嫌…」



「あ、今入った情報によるとクマさんがテクノブレイクしかけて今AEDで治療してるらしい。」



mascode_icon_2.jpg
「そのまま死んでくれないかしら。」



「出てこれないんじゃしょうがない。アリス、時間繋いで。」



mascode_icon_2.jpg
「わーい、同人ブログ界のミッシェルガンエレファントね(^ω^)」



「わー、アリス先輩カッコいいー☆」



mascode_icon_2.jpg
「あっはっはー……死ね。



「お、オール・ザ・シングス・シー・セイド・…(;´д`)あ、クマさん搬送されるみたいだよ。」



mascode_icon_1.jpg
「搬送?」





250px-Kuma-.jpg





「大丈夫かなー、クマさん。」



mascode_icon_1.jpg
「え?クマ?」



「いや、クマでしょ。どっからどう見ても。」



mascode_icon_3.jpg
「え?そうなの?アレをクマだと仮定すると、私は4次元くらいになっちゃうんだけど。」








9664f024.jpg







mascode_icon_3.jpg
「え?何その反応?」


「ちょっと意味分かんないですねって事じゃないかな?」



mascode_icon_3.jpg
「そういう事聞いてるんじゃないわよ。レベル合わせてボケてやってる私のプライド返せって言ってるのよ。」



「ありの~♪ままの~♪」



mascode_icon_3.jpg
「私のセリフと歌いだした曲のチョイスが絶対おかしい。」



「まぁほら。そういう日もあるって。アリサ。」



mascode_icon_3.jpg
「誰よ。なんで中途半端にエルサと名前混ぜたのよ。じゃあ貴方はマエストフでいいのかしら。」








9664f024.jpg





mascode_icon_2.jpg
「ちょっと悔しいんだけど(#^ω^)」




「今日のアリス、ちょっとキレが…」



mascode_icon_2.jpg
「あなた、私をふなっしーか何かと勘違いしてないかしら?私、マスコットよ?愛玩キャラクター。愛らしい姿を披露して、老若男女の世間の皆さんに愛されるのがお仕事なのよ?けっしてボケがウリじゃなくて、可愛さがチャームポイントなのよ?」








9664f024.jpg





mascode_icon_3.jpg
「このやり場のない怒りをどうすればいいのかしら(´・ω・`)」




「ま、まぁそんな日もあるよ、うん!今日は呑もう!」



mascode_icon_3.jpg
「そうね(´・ω・`)」



「ところでアリス、あれが本日のゲストなんだが。シックス・フィロソフィア。」



mascode_icon_3.jpg
「そんなの最初から気づいてたわよ。クマさん生きてたのね(´・ω・`)」



「ホントだね!どうせだったら死んでれば良かったのにね!ホント、クマっちゃうね!」







9664f024.jpg




「最後は俺かよ(´・ω・`)」




mascode_icon_3.jpg
「ごめん、クマっちゃうはちょっとないかな…(^ω^;)」



「ヒドっ!!ΣΣ( ̄◇ ̄;)」





はい、こんな感じで。思ったより書けてよかった。

3日坊主は初めの1週間が危険ってヤフーの記事に書いてあった。ブログもまずは1ヶ月、有言実行したい。

来週はアリスなしの、普通のブログで更新したいなーと思いつつ。お力を借りるかな~?とも思いつつ。

でわでわっ。また来週\(^o^)/
スポンサーサイト
別窓 | アリス | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

久しぶりやなー。

2014-05-10 Sat 23:59
どもです。前潟です。久しぶりです。デフォルト久しぶり。

全国100万人の前潟ファンのみんな、待たせたな!フィリピンの通貨はペソだ!相変わらず意味分からないですね。

みんなはうちのブログをXPのパソコンで見てないかい?ただちにやめた方がいい。前潟菌が移るから。



さてさて。久しぶりにブログ書くんだけど、何書けばいいかね。

何書けばいいどころか、俺はどうやってブログを書いてたっけね。ラジオノリでやってたっけ。

となると、やはり彼女のお力が必要でしょう。みんなで大きな声で呼んであげるんだ。あいつ、寂しいと三月ウサギを血祭りに上げるから。

あとお腹減っても酷いよ。ハングリー・アングリー。ハンプティー・ダンプティー。忘れて。気の迷いのダジャレだから。

近況とかM3お疲れ様とか書いてもいいんだけど、近況知りたい人がいるのか疑問だし、そもそもM3は行ってない( ゚д゚)


全国100万人の前潟ファン()


はい。ってことでルグアリFM、もはや特番感覚で始まります(`・ω・´)




「ハロー、アリス。」



mascode_icon_2.jpg
「御機嫌よう、甲斐性なし。」



「はっはっは。」



mascode_icon_2.jpg
「あっはっは。」



「いやー、しかしここから見える景色は美しいね。美しすぎて自分のセリフに「」を付けるのかすら忘れてしまいそうだよ。」



mascode_icon_2.jpg
「そうよね。2ヶ月以上放置だったものね。」



「・・・・・・。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・・・・。」




「はっはっは。」



mascode_icon_2.jpg
「あっはっは。」



mascode_icon_1.jpg
「ところで私、ヨド○シカメラのガチャガチャの前で小銭を投入口にアルバトロスする貴方を見たんだけど、あれはなんだったの?」



「レールガンのガチャで佐天さんが出るまでやろうと思ったら、うっかりホールインワンしてしまってね。ISにスライドしたんスよ。」




mascode_icon_1.jpg
「へえ。それと浪費の関係性はどこにあるのかしら?」



「1つ目でリンが出た!やったね!2つ目でシャルが出た!やったね!よし帰ろう!…って思ったんだけど、別に好きでもないのにモッピーさんが出てこないのが悔しくて、なおも繰り返す前潟さんなのでございました。」



mascode_icon_1.jpg
「モッピーさんって…前回トリプルボギー3連続で出てきた女の子よね?」



「そうそう!それそれ!( ゚∀゚)影が薄い故に愛されてる不憫な子。」



mascode_icon_1.jpg
「マイナスイオンみたいなものかしら。」



「アリス。それはきっと違う。」



「まぁそんなわけでちょっと頑張って打ちっぱなしたんですよ。全部池ポチャだったけど。」



mascode_icon_3.jpg
「先に言ったのは私だけど、いつまで続くのかしらね。このゴルフの喩え。」



「あ。」



mascode_icon_1.jpg
「ん?」





180946847.jpg





mascode_icon_1.jpg
「?」





index.jpg








「アリスってモッピーに似てるよね?(`・ω・´)」







mascode_icon_2.jpg
「キャディ、5番アイアン。(^ω^)」






「自分も続けてるじゃん、ゴルフかぶせ…。」



mascode_icon_3.jpg
「うるさい。死ね。二次元キャラのアイデンティティが髪型だけだと思われてるなら世界への冒涜だわ。」



「え?嘘?よく似てない?↓」



images.jpg





mascode_icon_2.jpg
「ごめん、よく聞こえなかった♪↓」





images.jpg



「今の画像が二度貼られた意味とは((( ゚д゚)))」



「…まぁでもそうだね。似てないよね、ゴメンね(´・ω・`)」



mascode_icon_3.jpg
「二次元なめないでほしいわね。」



「…そうだよね。アリスが薄いのは影じゃなくて幸だもんね(´・ω・`)」



mascode_icon_2.jpg
「あっはっは、死ね。武器は…何か血祭りに上げる武器はないのかしら…。」



「三月うさぎのようにか。三月うさぎのようにかー!!!」



mascode_icon_3.jpg
「なんでアンタがキレんのよ。」



……リス……



mascode_icon_1.jpg
「え?」



……アリスや……




mascode_icon_1.jpg
「何か…何かの声が聞こえるわ……」



・・・…アリスや…聞こえるかい……



mascode_icon_1.jpg
「私の心に直接語りかけてくる貴方は誰なの…?」



「アリスさん、俺にも読んでる人にもみんな聞こえてるからね、厨二入ってるところ悪いけど。」



アリス……



mascode_icon_1.jpg
「誰…誰なの!?」



アリスや……



mascode_icon_1.jpg
「お願い、答えて!!」








J( 'ー`)し「アリスへ。戸棚にデザートイーグルが入ってます。」








mascode_icon_1.jpg
「ママ!!Σ( ̄◇ ̄;)」



「ママ!?ΣΣ( ̄◇ ̄;)」



mascode_icon_2.jpg
「ママ…ありがとう…デザートイーグル…ちゃんとゴルフ繋がりの武器をくれたのね…」



「いや!意味わかんないし!勝手に新キャラ増やすなし!つーかイーグルしか掛かってないし!」



mascode_icon_3.jpg
「何よ、煩いわね。撃ち殺すわよ。」



「いや、シャレになってないし(;´д`)え?つーかママ?え?緑川さん?」



mascode_icon_3.jpg
「は?撃ち殺すわよ?ママはママよ。ママもママ。」



J( 'ー`)し「ゆっくりしていってね。」



「いや、お前喋るな。」



mascode_icon_3.jpg
「しょうがないわね。説明すると、ママはママ。私の生みのママ。こっちのままは大地の母ね。ガイア。唯一絶対神。」



「・・・・・・。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・・・・。」



「俺のマスコットが厨二病過ぎる。」



mascode_icon_3.jpg
「言うと思ったわ。」



J( 'ー`)し「ゆっくりしていってね。」



「お願い、ちょっと黙ってて?」




mascode_icon_3.jpg
「やめなさいよ、ママにそんな口の利き方。唯一絶対神よ?」



「マ・マーってか。」



mascode_icon_3.jpg
「誰が上手いこと言えと。」



mascode_icon_3.jpg
「ほら、ちゃんとママと眼を合わせてみなさい。その慈悲の深さに溺れるといいわ。」



J( 'ー`)し「・・・・・・。」



「・・・・・・。」



J( 'ー`)し「・・・・・・。」



「・・・・・・。」





J( 'ー`)し「たかし・・・・・・」





「前潟だよ。」




mascode_icon_2.jpg
「前潟たかしかもしれないじゃない。」



「やめろ。定着したらどうする。」



J( 'ー`)し「オフロガワキマシタ。」



「大丈夫か、これ( 'A`)」



mascode_icon_3.jpg
「こら、もっと敬いなさい。きっとママには深い考えがあるに違いないわ。」



「ホントか?ポンコツにしか見えないんだが。」



J( 'ー`)し「…たかしや。」



「前潟だよ。なんだよ。」






J( 'ー`)し「たかしのデザートイーグルはもうこの子に使ったのかい?」






「いきなり下ネタぶっこんできたぞ。」




mascode_icon_3.jpg
「私も軽い殺意を抱いたわ。」





J( 'ー`)し「たかしはイスラエル産だからねぇ。」



「なんで重火器に詳しいんだよ。おい、そろそろあいつを止めろ。特番にしても尺が長すぎる。」



J( 'ー`)し「ゆっくりしていってね。



「あんたが喋ると全部美味しいところ持っていかれるから、もうちょっとアリスに喋らせてくれない?」



「アリス、早くなんとかしろ。」



mascode_icon_1.jpg
「なんとかって、唯一絶対神よ?」



「あれはお前の唯一絶対神であって、俺の唯一絶対神ではない。」



mascode_icon_1.jpg
「ちなみにあんたの唯一絶対神は何なのよ。」



「おっぱい。」



mascode_icon_3.jpg
「2つじゃない。」



「2つで1つなんだよ。俺とアリスのようにねっ(`・ω・´)」



mascode_icon_3.jpg
「ドヤ顔でおっぱいに喩えられる女の子の悲しみって、分かるかしら?」



J( 'ー`)し「アリスちゃんは昔から素直で可愛くてねぇ…」



「大変だ。最近国家規模で流行ってる過去を捏造する病気だ。」



mascode_icon_2.jpg
「へぇ、今の一言のどの辺に捏造の要素があるのかしら?(#^ω^)」



「…悪かったから、デザートイーグルは下ろそう(;´д`)」



J( 'ー`)し「アリスちゃんはあの子が大好きなアニメ、まどか☆マギカ…だったかしら?あのアニメのキャラクターにそっくり。」



mascode_icon_2.jpg
「まぁ!まぁまぁ!唯一絶対神様ったらそんな真実を!誰かしら?ほむらちゃん?それともまどかちゃんかしら?(^ω^)」



(マミさんではないな)



mascode_icon_2.jpg
「何か言ったかしら?(#^ω^)」



「いや、何も。」



J( 'ー`)し「お名前、なんて言ったかしらねぇ…あ、思い出したわ…。」



mascode_icon_2.jpg
「誰かしら。(ドキドキ)」



(あんま興味ないわ…)





J( 'ー`)し「確か、佐倉杏k




mascode_icon_2.jpg
「チップ・イン・バーディー!!」



バーン!!(★▼▼)o┳*---------●))J) 'ཀ`)し







「ア、アリスさん…?」



mascode_icon_3.jpg
「はぁ…はぁ…なんでどいつもこいつも髪型で二次元を分類するのよ…」



「…アリス、もしかして杏子ちゃん嫌い?」



mascode_icon_3.jpg
「嫌いよ!!幸薄そうな顔して!!」



(そっくりじゃねえか)



「まぁ、なんだ。アリスのデザートイーグルによって平和は保たれた。主にだいぶgdgdになりかけたブログの平和が。くぅ~、疲れましたw」



mascode_icon_2.jpg
「みんな見てくれてありがとう。ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど…気にしないでね!」



(ちょっと?)



mascode_icon_2.jpg
「何か?(^ω^)」



「い、いえ。まぁ、久しぶりの出番お疲れ様でした。」



mascode_icon_3.jpg
「はいはい。」



J( 'ー`)し「これがホントのティロ・フィナーレってやつかねぇ。」





「って、なんで唯一絶対神が!?」



mascode_icon_3.jpg
(最後まで語呂悪かったわね…)



「いや、あんたすげーわ。」



J( 'ー`)し「かーちゃんと契約してラブライブが味噌煮込み。」



いつも通り続かない( 'A`)





はい、すんげー長かったです。読んで下さった方、お疲れ様でした(笑)

随所に前潟節が出すぎて、着いてこれなかった方もいらっしゃると思います。サーセン。

こんなに更新gdgdなのに読んでくださってる方々が、少しでも楽しんでいただければ幸いです(・ω・)

書いてて楽しかったけど、流石に前潟もちょっと疲れました(笑)

ではでは~♪
別窓 | アリス | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第3弾・アリス、COME BUYへ行く。

2013-09-22 Sun 00:08
こんばんわ、ネットサーフィンをしてたら誰かの書いたいつぞやの同人イベントの記事を見つけ、前潟さんイケメンって書いてる人がいて慙愧の念に堪えない前潟です。

訴えられても知らんで(´д`)

さてさて。台風が過ぎて、ちょっと秋っぽくなってきましたね。この調子で一番大好きな季節の、早い到来を祈るばかりですが。


前潟さん10月ライブやります。でも告知とかしないです。いつも通りですね。

偶然見かけた方はどうぞ(笑)今回アコースティックな編成でやっております。勿論アコースティックな曲やります。

自分のアコースティックで行けそうな曲を歌って、すんげー久しぶりに歌って、もう歌い出しを歌った瞬間になにこの厨二歌詞とか思ったりしてました(^ω^)

まぁそんな近況ですので、今日もぼちぼちご登場願いましょうかね。前回書いたとおりのお話でございます。お付き合いいただければ。





mascode_icon_2.jpg
「と、いう事で。第3回。」



「アリスと外食的なコーナーを始めたいと思います。」



mascode_icon_2.jpg
「いえいっ。」



「いえーい…」



mascode_icon_1.jpg
「テンション低いわね?」



「アリスとどっか行く系企画をやると、俺の昼飯が漏れなくはなまるうどんのかけ(小)になるんだよね。」



mascode_icon_2.jpg
「貢がれるって素敵♪」



「いうても数百円ですけどね。」





mascode_icon_2.jpg
「本日はどこにエスコートしていただけるのかしら?」



「エスコート…アリス、なんて安い女(´;ω;`)」



mascode_icon_2.jpg
「いいから早く案内しろ^^」



「へいへい。今回はCOME BUYってお店ですね。」



mascode_icon_1.jpg
「初めて聞く名前ね。」



「え、そうなの?台湾から初上陸したと話題のチェーン店なんですけど。」



mascode_icon_1.jpg
「え?」



「いや、だから台湾から日本初進出の店。向こうだとすげー有名みたいだけど。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・。」



「・・・。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・。」



「・・・まさか知らなかったんスか?」



mascode_icon_2.jpg

「あ、あー。COME BUYね。勿論知ってるわ。」



「良かったな、アリス。俺の半分は優しさでできてる。」



mascode_icon_2.jpg
「さすが、マスター♪大好き^^」



「おー、アリスも可愛い事言うようになったなー^^」



mascode_icon_2.jpg
「えへへっ^^」



「あはは^^。……で、知らなかったよね?」



mascode_icon_2.jpg
「あっはっは、死ね。」





mascode_icon_3.jpg
「ほら。早く中に案内しなさい。」



「突然不機嫌になったね…。つーか俺も2回目なんだが。」



mascode_icon_1.jpg
「そうなの?」



「まだ日本にできたばっかりだしね。店舗も2つしかない。」



mascode_icon_1.jpg
「ふーん。流行りそう?



「それを俺が答えて、アリスは信じるの?」



mascode_icon_2.jpg
「うん、信じない。



「じゃあ無意味な問答はやめようぜ。」



mascode_icon_2.jpg
「拳では語り合わないからね。」





「よく知らない人の方が多いと思うので説明をすると、基本的にはスイーツの店ではなく、飲み物のお店になります。」



mascode_icon_1.jpg
「お茶が多いわね。烏龍茶とか、紅茶とか。」



「ジュースもあるけどね。やっぱりメインはお茶系になるかな。」



mascode_icon_1.jpg
「お茶の種類が多いから、マスターは好きそうね。」



「おうよ!俺にお茶を語らせると、鉄観音もハダシで逃げ出すぜ!」



mascode_icon_3.jpg
「神様の例えのつもりで出したんでしょうけど、鉄観音は茶葉の名前だからね。」





「という事でどうぞ。メニュー選んでください。」



mascode_icon_2.jpg
「奢りって幸せね♪」



「犠牲の上に成り立ってるんですけどね。」



mascode_icon_2.jpg
「はいはい^^」



mascode_icon_1.jpg
「うーん、どうしようかしら…」




「よく分からないなら、ダージリンでいいんじゃない?」



mascode_icon_1.jpg
「ダージリン?なんでダージリン?」



「執事が入れそうじゃん。」



mascode_icon_3.jpg
「だいぶ偏った味方だと思うけど、何がいいかよく分からないしダージリンにしてみようかしら。」



「じゃあ決まりで。注文してくる。」



mascode_icon_1.jpg
「よろしく。…でも意外ね。マスターなら烏龍茶系押しかと思ったけど。」



「だってダージリンの方が安いしね!」



mascode_icon_2.jpg
「店員さん、トッピングでプリンもお願いします♪」





「ちょwwwおまwww」





mascode_icon_1.jpg
「出来たみたいね。」



「+100円かー…。」



mascode_icon_3.jpg
「細かいのね。モテないわよ。」



「アリス、3万円でどう?」



mascode_icon_2.jpg
「さっそくいただこうかしら♪」



「下ネタスルースキルが…(;´д`)」



写真



「…ねえ、アリス。」



mascode_icon_3.jpg
「…何よ。」



「その底の方に沈んでるヤツ、何?」



mascode_icon_3.jpg
「な、何かしらね…」



「あのさ、それ、もしかしなくてもプリンだよね?」


mascode_icon_1.jpg

「・・・・・・。」




「・・・・・・。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・・・・。」



「・・・グr



mascode_icon_2.jpg
「わー、美味しそう!いただきまーす!」



mascode_icon_3.jpg
「・・・・・・。」



「・・・・・・。」




mascode_icon_3.jpg
「・・・・・・。」



「・・・美味しい?」



mascode_icon_1.jpg
「…マスターも飲んでみる?」



「じゃあ、お言葉に甘えて。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・・・・。」



「・・・・・・。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・・・・。」



「・・・ねえ、アリス。」



mascode_icon_3.jpg
「いい…いいの…分かってるから…」



「あの…さ、これ……」



mascode_icon_3.jpg
「いや…言わないで……聞きたくない……」





「紅茶の中にプリンって致命的に合わないと思うよ。」





mascode_icon_3.jpg
「言わないでって言ったのにΣ(p´;Д;`)q」





「別々に頼んだ方が美味しかったかもね~。」



mascode_icon_3.jpg
「・・・・・・。」



mascode_icon_3.jpg
「…今度…。」



「ん~?」



mascode_icon_3.jpg
「…今度…そのうちでいいわ…。プリンの美味しいお店に案内しなさい…っ。」




「はいはい(笑)」



mascode_icon_3.jpg
「笑うなっ!」





はい、こんな感じで。

いや~、ダージリンにプリンは…ね(笑)別々の方が絶対美味しいwダージリン自体は美味しかったです。別の日にいただいた白桃烏龍茶も美味しかった。

トッピングの予想図がプリンアラモード的な感じだったんですが、まさかクラッシュしてお茶注ぐ前のコップにぶち込むとは思いませんでした(笑)

さてさて。第3回という事で。いかがでしたでしょうか。

シリーズ第4回はプリン…プリンかー。何か他にありましたらご意見ください(笑)手に入りそうなもの、行けそうなところなら大体なんとかします。

ではでは、今回もお付き合いありがとうございました。

また…えーっと、なるべく早く更新します(;´д`)

でわでわ。
別窓 | アリス | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ゴレンジャー??

2013-08-23 Fri 23:14
ほえー。前潟です。

最近色々やってて、なんだか色々大変です。

が、現状お話できるレベルの話が大してないっていう。ソーリーソーリー。

多分来月くらいには話せるものもあるんじゃないかなぁと。話せないものも多いんですが。

とにかく毎日大変です。てんてこ舞い。ゲームしたい。

ちょっと普段の表のお仕事らしい話をすると、前潟も使ってるドラム音源・BFDの3が発売されますね。

昔はBFDといえばドラム音源の大定番って感じでしたが、最近は定番のうちの1つってポジションになってきました。

よく外国人アスリートが言うじゃないですか。「俺はこのリーグでベストの選手の1人だ」って。初めて聞いた時は意味分からなかったですね、これ。言葉的におかしくない?(笑)

最近はADDICTIVE DRUMSの方がユーザーが多いような気がしますが。そんなちょっと押され気味のBFDが3を発表。なんと容量150GB。

ちなみに、ADDICTIVE DRUMSは容量の小ささと動作の軽さが人気です^^

まぁ同じタイプを作られてもこちらとしてはいらないので、是非そういう路線で行ってほしいですね。150GBもサンプリングするのは気が遠くなりそうですけど。

はい、ではそんな話を挟みながら。本日もあの子のご登場を願いましょう。





「暑いねー。」



mascode_icon_1.jpg
「暑いわねー。」



「・・・・・・。」



mascode_icon_1.jpg
「・・・・・・。」



mascode_icon_3.jpg
「ちょっと。始まってるわよ。なんかやりなさいよ。」



「えー。暑いしー。」



mascode_icon_2.jpg
「ブログに温度なんてない。」



「正論すぎる。」





「じゃあクイズやろうぜ、クイズ。」



mascode_icon_3.jpg
「…はぁ。」



「5択な。」



mascode_icon_3.jpg
「地味に多いわね。まぁいいわ。付き合ってあげるから、早く出しなさい。」



「付き合ってあげる…///早く出しなさい・・・///」



mascode_icon_2.jpg
「あっはっは、死ね。いいから早く出せ。」



「相変わらずドSっスね…」



「じゃあ問題。ででん。」



mascode_icon_3.jpg
「ちゃちな効果音ね。」



「今日の前潟さんのお昼ごはんは何だったでしょう。次の5つより選びなさい。アカレンジャー、アオレンジャー、キレンジャー、モモレンジャー、マクドナルド。」



mascode_icon_2.jpg
「ミドレンジャーかしら。」





「そんなお前を愛してる。」





mascode_icon_1.jpg
「…暑いわねー。」



「そうだねー。」





mascode_icon_1.jpg
「ところで、マスター。最近色々買ってるじゃない。」



「え?さっきの話ってあれで終わりなの?」



mascode_icon_1.jpg
「時計とか靴とか。リア充にジョブチェンジするつもりかしら?」



「俺の上級職にそんなものはない。」



mascode_icon_2.jpg
「そうよね^^人として最低だものね^^」



「おまえ酷いな(;´д`)大体確かに時計と靴はリア充風味だが、昨日届いた荷物ドアだからな。」



mascode_icon_3.jpg
「アクロバティックな生活を送ってるのね…」



「DIY最高!恋色空模様の主人公とかそういう設定よね!俺にもゆっきーか聖良ちゃんみたいな彼女ください(`・ω・´)」



mascode_icon_1.jpg
「あー、別に彼女ができたからリア充っぽい小物にこだわり始めたわけじゃないのね。」



「何その夢物語。桃から人が生まれるくらい夢物語だわ。」



mascode_icon_2.jpg
「そうよね^^人として最低だものね^^」



「言葉の暴力がツラい。」



「今日初めてブログを見た人の為に、俺たちのツーカーぶりをアピールしなければならない使命感に駆られる。」



mascode_icon_2.jpg
「ない袖は触れない^^」



「現実でそういう返しをして泣かれた事があるけど俺はめげない(`・ω・´)」



mascode_icon_1.jpg
「あら。そこまで言うならやってみなさいよ。」



「よしっ。五択な。」



mascode_icon_3.jpg
「こだわるわね…。」



「よし、スタート。…アリスー。何食べよっか?アカレンジャーとアオレンジャーとキレンジャーとモモレンジャーとミドレンジャーがあるけどー(^ω^)」



mascode_icon_2.jpg
「ああ、そう。じゃあアオレンジャーでお願いするわ。」





(…やべえ、キレンジャーじゃない。)





mascode_icon_2.jpg
「ん?どうしたのかしら?^^」



「いや……別に……」



(アオレンジャー!?アオレンジャーって何!?(;´д`))




mascode_icon_2.jpg
「青って涼しげなイメージよねー^^アイスクリームのパッケージによく使われてるものね^^」



「(;゚;Д;゚)」



mascode_icon_2.jpg
「ね?^^」



「((((;゚;Д;゚)))」



「じ……次回……」



「…次回、アリスとお食事企画、第3弾…スイーツで行いたいと思います…(´;ω;`)」



mascode_icon_2.jpg
「さすがマスター、私達仲良しね^^」




「そうだね(泣)」





では、この辺でー。

もうただのコントですね!知ってます!この間本にしませんかって怪しげなメールが来た。ブログを本にする業者がいるらしいな…

そういうのは毒にも薬にもならないブログ書いてるような人に言ってくれ…割とすんなり引っ掛かるぞ、きっとwうちのはアレだ。啓蒙活動とボケ防止とサークルは冬眠してるだけで死んでないアピールの為だけにコントしてるから。

加筆や修正(一線を越えたエロゲネタとか)くらいなら更新増やすわwそれに本にしたって出版は自腹だろ、きっと(笑)

でも大丈夫!アリスのキャラが立てば立つほど良いこと起こるよ!これから多分!倍返しだ!(`・ω・´)

でわでわっ。
別窓 | アリス | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第2弾・アリス、サーティワンへ行く。

2013-07-31 Wed 23:35
にっこにっこにー。前潟です。

みっそにっこみーとか考えたけど、心の中に閉まっておきます。

イッツレイニーな感じですね。レイニーブルーな感じです。

メイビーブルーな感じかもしれません。ユニコーンです。

メイビートゥルーな感じでもあります。FANATIC◇CRISISです。レイニーメリーゴーランドでもあったりして。

…どうでもいいですかね。

ちなみに今、貴方が外を見た天気予報と、このブログは噛み合ってないかもしれません。大丈夫です。うちも噛み合ってません。

日を跨いで書く事なんてザラです、最近はw



時計欲しいなぁと考えながら、早1ヶ月。俺の左腕に相応しい存在がいなくて困ってます。孤独なレースは続いていく。ミスチルです。

前潟さんは左利きですが、時計は左に着けます。なんででしょうね。普通は利き腕と逆に着ける方が多いと思います。

まぁあまり深く考えた事はありません。そっちの方が楽なんでしょう、多分。懐中時計持ち歩いてた時期もありましたが。

結局廻り廻って、1周廻った果てに買わないという選択をしそうなので、その前に早く決めてしまいたいと思います。

そんなわけで今日も参りたいと思います。いつも通り、あの子の出番です。お付き合い願えれば。




「アリスにメッセージいただきましたよ。」



mascode_icon_1.jpg
「あら、嬉しいわね。どこのどなたから?」



「Daisy Rock改めDaisy Driveのレンちゃんから。」



mascode_icon_1.jpg
「あー、あのやや天然さん。」



「そういう呼び方止めようね。色々気になるから。俺が。とりあえずお礼言っとこうね。」



mascode_icon_2.jpg
「そうね。ありがとうございます♪」



「ありがとうございます。」



mascode_icon_2.jpg
「で、内容は?」



「アイスクリームのお店・サーティワンの、雪ダルマ大作戦ってキャンペーンがあってね。キングサイズを頼むと上にキッズサイズが付いてくるっていうキャンペーンをやってるんだよ。それが今月いっぱいだよーって。」



mascode_icon_2.jpg
「よし、連れてけ。」



「え、マジで?」


mascode_icon_2.jpg

「さすが、女子力高い女の子の情報は一味違うわ~♪」




「そうだね。アリスはベッドで寝そべってポテチ食べてゴロゴロしながら、スカートめくれても何も気にしないもんね。」



mascode_icon_2.jpg
「あっはっは、死ね。いいか早く連れて行きなさい。」



「へいへい。」



~中略~



「着きました、BASKIN ROBBINS。通称サーティワン。」



mascode_icon_2.jpg
「着きました♪アイス、色とりどりね!乙女として心が躍るわ♪」



「え?乙女?」



mascode_icon_2.jpg
「何か?」



「い、いえ…別に…(;´д`)」



mascode_icon_2.jpg
「あ、雪ダルマフェアってこれね。ふむふむ…大きいキングサイズの上に、小さいキッズサイズが乗るのね。じゃあ私がキングサイズで貴方がキッズサイズでいいわよね?」



「マジで?アリス女の子やん。姫やん。そこは可愛らしく、キッズサイズで行くべきじゃね?」



mascode_icon_2.jpg
「ふふんっ、分かってないわね。キングを亡き者にしたら遺産はクイーンのものよ。」



「なんでアイスの大きさでこの人こんなに物騒なの?」



mascode_icon_2.jpg
「いいのっ!女の子の可愛いワガママでしょ!」



「へいへい。今回は女の子アピール激しいな…。つーかアリス今回機嫌いいな。表情がスマイルばっかりや。」



mascode_icon_2.jpg
「女の子ですから♪」



「さいですか。とりあえずフレーバーを選んで。」



mascode_icon_3.jpg
「むむむ…種類が多いわね…悩むわ。」



「まぁサーティワンっていうくらいだからね。31種類のフレーバーがあるわな。」



mascode_icon_3.jpg
「う~ん…あっちもいいけど、こっちも美味しそうだなー…う~~ん…」



(この悩んでるのも女子力アピールだったらあざといな…)



mascode_icon_1.jpg
「何か言ったかしら?」



「いや、何も。」



「そう?」



(機嫌よすぎて勘が鈍ってらっしゃる…)



mascode_icon_2.jpg
「うーん…決めた!このチョップドチョコレートにするわ!」



「ん~?なになに? ミルクチョコレートのアイスクリームに空手チョップで砕いたようなビターなチョコレートチップをたくさん入れました…?あれか。この空手チョップでキングを亡き者にしたのか。」


mascode_icon_2.jpg

「一発いっとく?」




「遠慮しとく。そもそもこの説明文何なんだろうな。」





「買ってきたよ。」



31.jpg




mascode_icon_2.jpg
「ありがと。貴方はなんのフレーバーにしたのかしら?」



「ラブポーションサーティワン。」



mascode_icon_1.jpg
「モーニング娘。の曲にありそうな名前ね。」



「ずっきゅん♪アリスのハートを狙い打ち☆」



mascode_icon_2.jpg
「いただきま~す♪」



「スルーが一番堪えるんですが(´・ω・`)」





mascode_icon_2.jpg
「うん、美味しい♪空手チョップで砕いたチョコがいいアクセントになってるわね♪」



「やめて。その説明文じわじわくるからやめて。」



「うん。ラブポーションも美味しい。ラズベリーってあんまり得意じゃないけど、いい感じに効いてる。」



mascode_icon_1.jpg
「ねぇ。」



「ん?」



mascode_icon_2.jpg
「ちょっと交換しない?」



「それはつまり俺にラブポーションを食べさせてほしいから密かなおねだりという解釈でいいか。」(ラブポーション=媚薬)



mascode_icon_3.jpg
「やっぱ下げて、その汚物。」



「今夜何があっても、全てラブポーションのせいにしていいんだよ?(`・ω・´)」




mascode_icon_3.jpg
「空手チョップの出番が来たわね。」



「それ、マジでじわじわくるから勘弁して(笑)」



「で、アリスさんや。」



mascode_icon_1.jpg
「何かしら?」



「そろそろ締めたいんだけど、いいボケが浮かばないので、代わりに締めてください。」



mascode_icon_3.jpg
「投げっぱなしね。んー…よし、決まったわ。」



「ほほう。ではスタイリッシュに決めてください。」



mascode_icon_3.jpg
「でわ…」



mascode_icon_2.jpg
「次回予告っ!次回はアリスとお食事シリーズ第3弾。アリス・サーティワンのアイスクリームケーキに挑戦!」
(3500円くらい)



「お財布的に勘弁してください。」




はい、この辺で。

いや、マジでサーティワン高いって。このブログを書く裏には、俺がその日の昼食代を浮かす為にはなまるうどんのかけ(小)啜ってお金を浮かせた影の努力を忘れてはならない。

今更ながら、ブログ用にわざわざ苦手なチョコレート系フレーバーのキングサイズ頼むくらい徹底するなら、カップじゃなくてコーンで注文すればよかったと後悔してます。写真写りがそっちの方が良かったね(笑)

では、前潟さん曲作り作業に戻りますゆえ!忙しくて死にそうな人や、夏コミ参加者さん方は頑張ってくださいね!こっちもこっちで頑張ります(`・ω・´)

でわでわっ。
別窓 | アリス | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

| Legrand&Alice-るぐありFM~前潟とアリス~ | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。